Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS- [5pb.] PS4

PlayStation4
PlayStation4




原作は、小説投稿サイト「小説家になろう」から始まり、2016年8月現在8巻までMF文庫J(KADOKAWA メディアファクトリー)で文庫化、刊行されている同名のライトノベルです。

著者は長月達平、原作イラストは大塚信一郎。

物語は、異世界へと召喚されてしまった無力な少年ナツキ・スバルが主人公。

彼には、自身の死により時間が巻き戻る「死に戻り」の能力が宿り、自分の自由がきかない「死に戻り」の能力によって、幾度も絶望に見舞われながら、過酷な運命に立ち向かっていきます。

魅力的なキャラクター達が織りなすハードでシリアスなストーリーが人気を博しています。



<あらずじ>

ルグニカ王国の次期国王候補者5人が出場する大会が、王都ルグニカで開かれることになった。
その名も『美女王総選挙』

「華やかさ」や「優雅さ」などさまざまな審査を行い、その総合評価で勝敗を決める。

いわば王選の前哨戦で、優勝すれば『幸運がもたらされるといわれる宝具(ミーティア)』が与えられ、国民に名と栄誉が知れ渡り、現時点でもっとも王に近い人物となれる。

各陣営はこぞって参加を表明し、王都はお祭り騒ぎに!

スバルは、前日から大会の準備を手伝っていたのだが、誤って賞品である宝具にキスをしてしまう。

すると・・・

<そなたの血を捧げよ・・・ その対価して、異性との接吻の加護を授ける。もし、この呪いを他人へ伝えれば、耐え難い不幸がお前を襲うだろう>

と声が響く。

実は優勝賞品とされていた宝具は呪いの道具だった!

呪いによりスバルに不幸が訪れ『死に戻り』してしまう。

自分ひとりの力では無理だと考えたスバルはベアトリスに助けを求めると、呪いの解呪条件は『キスすること』と判明する。

スバルは解呪のためエミリアたちとさらに仲良くし、そして呪いの道具が誰かの手に渡らないよう大会を妨害していくことに・・・



▼ ご購入はこちらから ▼

0
タイトルとURLをコピーしました